雨にも負けず風にも負けず

京都のTさんより ガレージ名:バークレー

雨にも負けず風にも負けず 京都のTさんより ガレージ名:バークレー

お盆前に納入してもらって、やっとここまで辿り着きました。
思えば、バークレーが我が家にやって来た日から急に忙しくなり、それに加えて次から次へと台風が通り過ぎ、ハラハラドキドキの連続でした。
台風の時には、屋根の防水シートの一部が強風に煽られ飛んで行くのを、我が家の2階から悲しく見つめていました。
その後も休みの日には雨に祟られる日が多く、半泣きで作業していました。
作業のほとんどが一人でやりましたが、屋根トラスの取り付けの時には、近所に住む大工さんが「これだけは一人じゃできんやろ」と、手伝ってくれました。
その他、壁を起こすとき非力ながら一生懸命支えてくれた妻や、私の足元をうろつき、「危ないからどっか行け!!」と怒鳴られながらも「釘渡し係り」や「ペンキ係り」をしてくれた3歳の娘、その間誰からも相手をしてもらえず、泣き叫びながらも我慢してくれた6ヶ月の息子に感謝しております。
特に娘は積極的に手伝いをしてくれたのですが、ペンキ塗りのときは白色のペンキを自分の頭やお気に入りの服に付けたりして大騒ぎ。黒色の車のボンネットにまで塗ってくれました。
その他にも色々ありましたが、いい思い出になりました。
このバークレーはこれから私や子供達の「秘密基地」として活躍してくれることでしょう。
あ、それと雨が降ったときの洗濯物の緊急避難場所としても…。
この感激は自分達で建てたものだからでしょう。手作りっていいもんですね。

編集からのコメント
2004年は猛暑と台風の多い年でしたから、作業も大変だったはず。
家族が一丸となって立ち向かう様子がうかがえますね。
さらなる思い出作りはこれからです。
十分楽しんでください。