よくある質問:2×4(ツーバイフォー)について

2×4(ツーバイフォー)とは何ですか

ツー・バイ・フォーと読みます。
材木の基本的なサイズを表示しています。
2インチ×4インチの四角い切り口の材木です。
2×4材をインチメジャーで計って、2インチと4インチの長さがないと言う方がありますが、これは生木のときの厚みで、乾燥状態ではもっと細くなります。
ほかに1×2、1×3、1×4(それぞれワン・バイ・ツー/スリー/フォーと読みます)や2×3、2×4などのサイズがあります。
大きなものでは2×8, 2×10などがありますが、日本では総称として2×4材と呼ばれているようです。
ホームセンターで2×6を求めると、「2×4のことですか?」と言われることもあります。
ちなみに(2×4)×16’といえば2×4材の長さが16フィートの表示です。
下記は2×4材(乾燥状態)の厚みをmm表示しました。

inchmm
2×338×63
2×438×89
2×638×140
inchmm
1×319×63
1×419×89
1×619×140

2×4(ツーバイフォー)とは何ですか

一番左は防腐処理済2×4(少し緑色で床に使用)、続いて普通の2×3・2×4・1×4・1×3などがハンディホーム商品に主に使用されています。